page
top

大学教職員SD研修事業

現在参加者募集中の研修

7月18日 平成30年度 初任者研修~輝く大学職員になろう!~

開催趣旨

大学コンソーシアム大阪では、今年4月より新たに「研修部会」ならびに「研修部会推進委員会」が設置され、会員校のみなさまが取り組んでおられる昨年4月から施行された「SD義務化」の活動の一助となるよう、一層の研修活動の充実を行うこととなりました。
大学コンソーシアム大阪が提供する「初任者研修」は、職歴5年未満の職員を対象に、大学職員として大学で働く意義や必要な知識・技能・態度を認識し、参加者お一人おひとりの大学職員としてのキャリア形成への動機づけを明確にすることを目的として、下記の募集要項のとおり開催いたします。
また、研修参加者同士のネットワーク形成により、職員としてのキャリアの初期の段階から会員校所属職員の連携が進むことも本研修の期待するところです。
どうぞ奮ってご参加ください。

募集要項

目的
この研修では、現在の大学で働く大学職員として知っておくべき基礎的な知識に加え、これからの大学職員に必要な知識について学ぶ。「社会人基礎力」とは何かを認識し、「単に目の前の仕事をこなす」のではなく、「自ら考え、判断し、行動する」ことのできる「輝く大学職員」として今後のキャリアを考える。
到達目標

① 複数の人間で協働する前に、発言しやすい雰囲気を作ることができる。

② 社会及び高校生の求めるニーズを述べることができる。

③ PCソフトを使用して、業務の効率化を図ることができる。

④ 社会人基礎力の「3つの能力」「12の要素」を説明することができる。

⑤ 大学に関する法令を体系的に説明することができる。

⑥ 大学の専門用語を解説することができる。

⑦ 他者に伝わる文章を作成することができる。

⑧ 他大学の教職員と情報交換することができる。

日時
平成30年7月18日(水)9:30~20:00 (9:00開場)
会場
キャンパスポート大阪 ルームA
(大阪市北区梅田1-2-2-400 大阪駅前第2ビル4階 西側)
対象
意欲ある入職5年以内の大学職員(所属部署不問)
定員
30 名
研修内容の詳細
(シラバス)
こちらからダウンロードしてください↓
事前課題
受講者が「ロールモデル」や「理想」と考える自大学あるいは他大学の先輩(同僚)職員を観察しておくこと。
参加費
(会員大学の方) 5,000円(内訳:昼食代1,000円・情報交換会費4,000円)
(上記以外の方) 6,000円(内訳:上記に加え、資料代1,000円)

※「情報交換会」は「ネットワーク形成」という研修の一環のため参加必須となります。
申込期間
(会員大学の方) 6月 7日(木)~7月11日(水)
(上記以外の方) 6月27日(水)~7月11日(水)

※申込者先着順での受付となります。
※会員大学以外の方は会員先行受付後、定員に余裕がある場合に募集を行います。
申込方法
参加申込書をダウンロードし、必要事項を記入して、
下記のメールアドレスへお送りください。
【送付先メールアドレス】conso-sd★consortium-osaka.gr.jp
※★を@に変えてください。

参加決定のご案内(メール)後、参加費を7月11日(水)までに指定口座へお振込みください。
問い合わせ先
特定非営利活動法人 大学コンソーシアム大阪 事務局(研修事業担当)
TEL:06-6344-9560  FAX:06-6344-9561
MAIL: conso-sd★consortium-osaka.gr.jp
※★を@に変えてください

8月5日〜11日 海外SD研修(マレーシア) 募集は締切りました

開催概要

昨年、ご好評をいただいた台湾への海外SD研修に続き、本年度はマレーシア・クアラルンプールで開催される“APSSA国際会議2018” へ参加し、その運営方法や学生のリーダーシップ教育を教職員が行う姿に学び、
またマレーシアの高等教育事情や先進的な取り組みを行う現地の大学視察などを目的とした研修を行います。
大学のグローバル化や国際競争力の強化が求められる中、国外の現状を知り、先進事例にじかに触れられる貴重な機会となるよう企画いたしました。

募集要項

目的

1)APSSA (Asia Pacific Student Services Association)国際会議2018に参加し、その運営方法や学生のリーダーシップ教育を教職員が行う姿に学ぶ。

2)大学のグローバル化に積極的に取り組むマレーシアの大学を数校視察する。

3)参加者の所属大学の枠を超えた人的ネットワークを構築し、大学間連携や交流の契機とする。

到達目標

1)APSSA国際会議2018に参加するアジア太平洋州の大学教職員、学生との交流や意見交換を通じて、日本(自大学)と異なる事例や取り組みついての見識を深め、自大学の学生支援業務の取り組みに活かすための具体的な案を作成することができる。

2)マレーシアの大学視察の中から、自大学に提案すべき事項を述べることができる。

3)参加者間の交流を通じて、所属大学の枠を超えた人的ネットワークを構築することができる。

日時
平成30年8月5日(日)~11日(土・祝)の全7日間(5泊7日)

※ 本研修参加にあたり、研修の一環として実施される2回程度の事前勉強会にご参加ください。事前勉強会の日程は、追って参加者にご連絡いたします。

(本研修に参加されない場合でも、マレーシアの高等教育事情等について関心がおありの方は、事前勉強会へ参加いただけます。詳しくは、下記の問い合せ先までご相談ください。)

スケジュール
定員
20 名(最少催行人数10名)
対象
大学コンソーシアム大阪 会員大学 教職員(所属部署・職位は問いません)
※原則、職員を優先します。
※定員に余裕がある場合は、会員外の参加を4月16日(月)から受け付けます。
費用
概算 170,000円 (3月27日時点のレートで換算)
渡航費、宿泊費、APSSA参加費、現地バスチャーター費、滞在費(プログラムに記載の食事会費※)、海外旅行保険(本法人指定のもの)を含みます。
※プログラムに含まれない食事は参加者負担です。
研修後の協力依頼
研修終了後、現地での研修内容を踏まえたレポート(A4版、1枚程度)を
本法人に、「到達目標」の「1)と2)」が確認できる資料を所属大学に
提出いただくことをお願いします。
現地での使用言語
原則、英語を中心に行います。
申込について
手続きのため、まず参加仮申込書をメールまたはFAXにてお送りください。(本申込、および参加費の振込先は、仮申し込みをされた方へ別途ご案内いたします。) 終了しました

仮申し込み締切 : 平成30年4月27日(金)まで
問い合わせ先
特定非営利活動法人 大学コンソーシアム大阪 事務局(担当:谷口)
TEL:06-6344-9560  FAX:06-6344-9561
MAIL: conso-sd★consortium-osaka.gr.jp
※★を@に変えてください