page
top

大学生授業風景

「センター科目紹介」

「センター科目」の特長とは

単位互換制度では、大学コンソーシアム大阪の会員大学それぞれが、素晴らしい授業を開講しており、そうした良い授業を大学生の皆さんに提供することが最大の目的です。
中でも、大学コンソーシアム大阪が提供する「センター科目」について、単位互換実務委員会の安孫子 勇一 委員長に、そのコンセプトと受講メリットなどについて伺いました。

大学コンソーシアム大阪
単位互換実務委員会

Yuichi Abiko委員長安孫子 勇一近畿大学 経済学部 教授

センター科目は、大阪・梅田にある「キャンパスポート大阪(大阪駅前第2ビル4階)」で開講する科目や、自宅からでも参加できるオンライン科目など、様々な講義形態で行っています。大学では学ぶことのできないユニークな科目を他大学の学生とともに学び、切磋琢磨できる貴重な機会です!

  1. 特長1大阪ならではの個性的なテーマの講義であること
    独創的な視点で世界でも類を見ない文化・産業を創造してきた大阪の歴史を学ぶと共に、次代の大阪の発展につながるテーマを選定しています。
  2. 特長2社会に出て役立つ実用的な講義であること
    日ごろ、大学で学ぶアカデミックな内容とは異なる社会で役立つ実践的なテーマを選定しています。講義内容の精度をより高めるために、寄附講座の仕組みを積極的に導入。社会国内外で活躍する実務家・研究者の協力を仰ぎながら、現在進行形で行われている社会・ビジネステーマに基づいた講義を開講しています。
  3. 特長3一方向ではなく、双方向型の授業を目指しています。
    授業を一方的に受講するのではなく、積極的な意見交換や現地でのフィールドワーク、ビジネスパーソンの講義など、オンライン講義を含めた様々な講義形態で行っています。

授業風景

大阪・梅田にある「キャンパスポート大阪」で開講する科目やオンライン科目など、様々な講義形態で行っています。

センター科目「大阪のまちを探検する」では、グループでのフィールドワークや調査を行いました。(2019年度)

センター科目「大阪のまちを探検する」の授業のようす。(2019年度)

センター科目「仏教思想論」では、僧侶でもある井上陽先生が、仏教の思想をもとに現代社会を生き抜くヒントを教えてくださいます。(2019年度)

人間とは何か?仏教思想を手がかりにその根幹から問い直します。(2020年度)

センター科目「金融リテラシーを高める」では、パソコンやスマホを利用して講義を受ける学生もいます。(2019年度)

センター科目「現代商品市場論」では、江戸時代の米取引について学びました。(2019年度)

センター科目「現代商品市場論」では、大阪堂島商品取引所において、フィールドワークを行いました。(2019年度)

センター科目 開講科目一覧へ

受講生からのメッセージ(受講生アンケート)

センター科目を受講した学生から様々な声が寄せられています。 ※学年は2020年1月時点

  • 難しいけれど知れば知るほど面白くなっていくなと思いました。

    (近畿大学・2年)

  • 色んなツーリズムの形があり、それが経済にとってどのような影響をもたらしているのか知ることができました。

    (大阪商業大学/4年)

  • 社会に出るにあたり、金融や社会保険について知りたいと思い受講しましたが、予想を上回る内容で勉強になりました。ぜひ今後も学んだ内容を役立てたいです。

    (大阪経済大学/4年)

  • 複数の先生から様々な知識を教えてもらえるため多くの学びがあり楽しい。

    (近畿大学/3年)

  • ライフプランなど今まで考えたことが無かったことを考えるきっかけとなり、学生の間に、この分野に触れられてよかったと感じました。

    (大阪工業大学/2年)

  • 先生の話がとても興味深く楽しかったです。

    (近畿大学/3年)

  • 半年の短い間でしたが、食についてより深く興味を持ち、理解を深めることが出来ました。これから自分の食生活にも活かしたいと感じました。

    (追手門学院大学/4年)