page
top

大学生国際交流事業

2021年度グローバル人材育成講座(受講者募集)

オンライン4回連続プログラム(Zoomにて実施)

「SDGs実践講座
~2030年の世界を目指して、「私たち」のアクションを考えよう~

SDGsの達成のためには、課題を「自分ごと」化して、課題解決のために行動し、ゴールを目指すことが不可欠です。
この講座では、SDGsの基本理解に加え、参加型の演習や討議を通じて、SDGsのゴールである2030年の世界をどんな風にしたいのか、そしてそのために自分たちができることは何か、について考えた上で、それらを発表します。
SDGsテーマに関する世界や日本の課題、その解決に役立つ思考法などが学べます。

iconmonstr-file-35

チラシ / PDF

スケジュール

※ 4回連続受講

DAY1
8月25日(水)
13:30〜16:30

【講義・演習】
SDGsの本質的な意味・意義を理解する
・・・「なぜSDGs?」「主要テーマの基本知識」「世界・日本の課題を知る」

DAY2
8月27日(金)
13:30〜16:30

【発表・議論】
SDGsで目指す「2030年の世界」を考える
・・・「SDGsの思考法(アウトサイドイン、バックキャスティング)」

DAY3
9月1日(水)
13:30〜16:30

【講義・演習】
SDGsがもたらす身近な社会や経済の変化を理解する
・・・「社会や経済の仕組みが変わる(サーキュラーエコノミーなど)」

DAY4
9月3日(金)
13:30〜16:30

【発表・議論】
「自分たちに何ができるか」をSDGs思考で発想する
・・・「SDGsのアクションプラン(5Pのオリジナル・フレームワーク利用)」

講師

 有岡 義洋 氏

講師【プロフィール】

総合商社で建設機械の輸出を手掛け、「道路・橋をつくって世界を便利に」と「環境保全」のジレンマに直面する。さらに、労働組合役員として「企業経営による雇用や年金など社会保障の仕組み」づくりに携わる。転職後、環境リサイクル事業の海外展開や株式上場などを担当し、「環境問題の解決と経済成長の両立」に取り組む。
2005年に自身の経験を活かして「世界で」「環境や社会の課題を」「経済のチカラで解決する」多くの企業の活躍をサポートするため、日本の環境技術で世界の課題解決を行うコンサルティング会社を起業した。
独自のプログラムによるSDGsワークショップは、豊富な海外経験やビジネス実績に基づく実例で 「世界や日本の課題に関する理解」を深め、「思考法やフレームワークなどの技術を使った課題解決」を参加者と考えるスタイルで、多くの受講者に好評を得ている。
中小企業診断士(経済産業大臣登録)、環境カウンセラー・事業者部門(環境大臣登録)

有岡 義洋 氏

募集詳細

対 象

大学コンソーシアム大阪 会員大学の学部生、大学院生、留学生

参加費

無料

定 員

40名(先着順)

ネット環境

PC接続(推奨)が安定していること。

申込

問い合わせ先

特定非営利活動法人大学コンソーシアム大阪 国際交流担当

06-6344-9560(平日9:30-17:30)

global★consortium-osaka.gr.jp (★のところを@に変えてください。)