科目詳細

募集終了

(追加募集)Web出願登録締切

9/17

(追加募集)出願票提出締切

9/19

科目番号

A18008

学年配当

1年以上

募集定員

48名

単位数

2

科目名

現代商品市場論-”世界初の先物の町”大阪で学ぶリスク管理手法-

大学名

近畿大学

年間日程

英文科目名

Overview of Recent Development in Commodity Markets

連絡先

学務部
TEL:06-4307-3036

担当教員

安孫子 勇一 他

履修条件等

時間割

変則 火曜日18:00~19:30

開講期間

後期 

教室

キャンパスポート大阪(ルームA)

キャンパス

キャンパスポート大阪(大阪駅前第2ビル4階)

講 義 内 容

キーワード

デリバティブズ(先物、オプション、スワップ)
コモディティ(金、原油、穀物、ゴムなど)
内外の主な市場
大阪で盛んなデリバティブ取引(農産物、国債、株など)

講 義 概 要

 大坂堂島米会所が江戸幕府の許可を得て開設されたのは、シカゴの商品取引所に先立つこと約120年、1730年のことです。そこで事実上の先物取引(帳合米)が行われました。大阪は、世界で最初の先物取引が行われた記念すべき都市なのです。その後、先物を始め、オプション、スワップといったデリバティブ取引が発展し、現在では、リスク管理の重要な手法として、世界中の幅広い分野で活用されています。今日の大阪でも、大阪堂島商品取引所と大阪取引所で、デリバティブ取引が活発に行われています。
 大学コンソーシアム大阪の「センター科目」として、現代商品市場論が、大阪堂島商品取引所と東京商品取引所の寄附で開講されるようになって、今年度で4年目になります。講師は、林康史先生(立正大学経済学部教授<金融論、また、コモディティ市場の専門家>、寄付講座のコーディネーター兼 総括担当者)が招かれた外部の専門家(研究者や実務家)によるオムニバス形式です。

到 達 目 標

 本講座では、実務家・研究者(ゲスト・スピーカー)の協力を仰ぎ、実際の商品取引の大宗を占めるデリバティブ取引(先物・オプション・スワップ)を取り上げます。資産運用およびリスク管理の観点を中心に、①基本的な概念、②市場や制度の仕組み、③リスク・リターン等について、わかりやすく説明します。資産運用・リスク管理の理論と実際を、より深く学習することを目標としています。金融・証券について理解を深めることもできます。

授 業 計 画

 ゲスト・スピーカーの都合により、内容や順番が変更されることがあります。また、市場の実際を考察するために、外国為替市場のインターバンクの模擬取引なども行います。
第1回 9月25日(火)ガイダンス/インフレと商品
第2回10月 2日(火)市場とは、模擬取引①、
第3回10月 9日(火)模擬取引②、
第4回10月16日(火)デリバティブ取引①:先渡、先物
第5回10月23日(火)デリバティブ取引②:オプション、スワップ
第6回10月30日(火)デリバティブ取引③:デリバティブ総論
第7回11月 6日(火)リスクとリターン その1
第8回11月13日(火)リスクとリターン その2
第9回11月27日(火)商品市場各論①:農産物市場 その1
第10回12月 4日(火)商品市場各論②:農産物市場 その2
第11回12月11日(火)商品取引所の機能 法制度・コンプライアンス
第12回12月18日(火)商品市場各論③:金属市場
第13回 1月 8日(火)商品市場各論④:エネルギー市場
第14回 1月15日(火)大阪堂島の米会所(商品先物市場の歴史)
第15回 1月22日(火)投資の心理学、投資スタイル

定期試験

1月29日(火)

評 価 方 法

定期試験(出席率2/3以上の学生のみ対象) 70%
レポート・授業への取組姿勢・小テスト 30%

教 科 書

テキストは指定しません。レジュメ、資料等を必要に応じ講義で配布します。

参 考 書

宇佐美洋・小野里光博著「入門 商品デリバティブ」東洋経済新報社、2015年
ロイ・W・ロングストリート著 林康史訳「トレーダーの発想術―マーケットで勝ち残るための70の箴言」日経BP社、2014年
ジム・ロジャーズ著 林康史・望月衛訳「大投資家ジム・ロジャーズが語る商品の時代」日経ビジネス人文庫、2008年
三次理加著「商品先物市場のしくみ:資産運用からリスクヘッジ機能まで」PHPビジネス新書、2010年
ゲイリー・ゴートン K.ゲールト・ルーヴェンホルスト著 林康史・望月衛訳「商品先物の実話と神話―資産運用における商品投資の有効性について」日経BP社、2006年
宇佐美洋著「入門先物市場」東洋経済新報社、2000年
山澤光太郎著「ビジネスマンのためのファイナンス入門」東洋経済新報社、2004年
ラリー・ハリス著 宇佐美洋監訳 濱田隆道・小野里光博・山岡博士訳「市場と取引(上・下)」東洋経済新報社、2006年

備   考

【開講日時】9月25日(火)~1月29日(火)毎週火曜日18:00~19:30(ただし、11月20日、12月25日、1月1日は除く。)
      
【会場】https://www.consortium-osaka.gr.jp/access
ただし、1月15日は、かつての取引所の雰囲気の残る立会場の見学もかねて、大阪堂島商品取引所(6階 大会議室)で開催します。
    http://ode.or.jp/annai/outline.html#index5

【連絡用ホームページ】http://www.eco.kindai.ac.jp/abiko/com2018.htm
 ⇒事前配布資料や、過去の資料等が閲覧できますので活用してください。

学生へのメッセージ

更新日2019/1/11 19:2
(2019/1/11) 1月15日現代商品市場論の講義は、会場見学もかねて【大阪堂島商品取引所】にて開催です。添付ファイルを確認ください。
(2018/3/19)授業計画を一部変更し、試験が1月29日に変わりました。


ファイル更新日:2019/01/11 18:53:05

募集終了