page
top

高校生・中学生大阪の大学「学び」WEBフェア

大阪青山大学

食を通じて人を健康に導く管理栄養士をめざす「健康栄養学科」、人間性と専門性を備えた看護士を育む「看護学科」、子どもの成長を支える保育者・教育者を養成する子ども教育学科」を設置しています。2022年4月には「子ども教育学科」を、『子ども教育学部』に再編。一人ひとりの夢を育む少人数・アットホームな校風のもと、子どもの未来を創る先生を育てます。

大学外観

動画でもっと大学のことを知ろう!

箕面市新稲2-11-1

入試部

電話072-723-4480

メールadm21@osaka-aoyama.ac.jp

在学生に聞きました
学生

村井 麗利4年生 / 大阪府出身

健康科学部 子ども教育学科(2022年4月 より子ども教育学部子ども教育学科に改組)

本学の魅力は?

大学を選ぶ際、「通いやすさ」と「就職サポート体制」を重視しました。大阪青山大学は、梅田から約30分のアクセスの良さと自然豊かな環境が勉強に打ち込むのにはピッタリだと思います。就職は自身の適性も踏まえ、学科の先生や進路アドバイザーが親身にアドバイスしてくださるのでとても心強いです。

将来の夢は?

子ども教育学科で、「先生」の責任の大きさや子どもの現状、福祉や社会問題など様々なことを学んだことで、ただ先生になるのではなく、自分がどんな先生になって、子どもに何ができるのかを考えるようになりました。将来は「保育所」で、子ども一人ひとりを認め、寄り添える保育者になりたいです。

子ども教育学科おススメポイント!

保育士、幼稚園・小学校教諭の資格・免許を希望者全員が取得できるカリキュラムは、しっかり学んでから進路を考えたいという方にもおススメです。授業は少人数の形態が多いため、内容が理解しやすく、人間関係も作りやすいです。おかげで同級生はもちろん、先輩後輩との出会いもあり、多くの考え方に触れることができました。私はピアノ初心者だったので、上手に弾ける様になれるか不安でしたが、レベル別の少人数レッスンと個人練習室を活用し、弾き歌いができるまでに上達しました。今は就職後を意識してさらに腕を磨いています。