page
top

高校生・中学生大阪の大学「学び」WEBフェア

千里金蘭大学

学園創設以来110年をこえる「女子教育」の伝統を持つ本学は、食物栄養学科、児童教育学科、看護学科の3学科を設置。すべての学科で、資格免許取得が可能です。社会に貢献し、新しい時代を生き抜くことができる、自立した女性を育てたい。そのような思いから、カリキュラムは高度な専門力を養える実学的内容を展開しています。

大学外観

動画でもっと大学のことを知ろう!

吹田市藤白台5-25-1

アドミッションセンター

電話06-6872-0721

メールapp@cs.kinran.ac.jp

在学生に聞きました
学生

廣田 優希4年生 / 大阪府出身

生活科学部 児童教育学科

本学の魅力は?

1年次に乳幼児や保護者とふれあう「金蘭おやこクラブ」や小学校での「子ども地域活動」を体験できることです。また、4年間通して子どもと関わる授業が多いことや、短期留学や外国の方々と関わる機会もあることです。大学周辺に緑が多く落ち着いていて、先生方との距離も近く、学生生活が過ごしやすい雰囲気も魅力的です。

将来の夢は?

小学校の教師として、子どもから信頼されるようになりたいと思っています。小学生の頃、教えていただいた担任の先生のように、子どもに寄り添える教師になりたいです。子どもたちと共に成長し、子どもたちが意欲的になる授業をすることが目標です。

印象に残っていることは?

小学校で行った教育実習が特に印象に残っています。小学校で子どもたちと学校生活を過ごし、実際の指導事例に触れながら自分で考えた指導案をもとに、授業を行いました。この実習を通じ、自分から積極的に子どもと関わっていくことや、教師の姿勢、事前準備、問いかけの工夫、反省と改善の大切さを学びました。また、友だちと毎日集まってコツコツと勉強しながら、学童保育のボランティアで、学校終わりの子どもたちの宿題をみたり、一緒に遊んで寄り添い方を学んでいます。