page
top

高校生・中学生大阪の大学「学び」WEBフェア

関西福祉科学大学

福祉、心理、健康、栄養、リハビリテーション、教育分野に特化し、それぞれの高度な専門教育を展開する総合大学です。教養教育を通して、コミュニケーション力に優れた豊かな人間性の育成にも力を入れています。人の幸せを願い、専門分野等で活躍できる人材を養成する大学として進化を続けます。

大学外観

動画でもっと大学のことを知ろう!

柏原市旭ヶ丘3丁目11番1号

入試広報部

電話072-978-0676

メールd-nyushi@tamateyama.ac.jp

在学生に聞きました
学生

川上 歩4年生 / 広島県出身

保健医療学部 リハビリテーション学科 作業療法学専攻

本学の魅力は?

一番の魅力は、先生との距離が近いところです。困ったことや分からないこと、悩みがある時は、いつでも相談することができます。最近は施設がどんどん新しくなり、昨年にはカフェ併設の学修スペースが完備された新校舎「学園2号館」が建設されました。特に、自習スペースは集中できるのでオススメです。

将来の夢は?

作業療法は、単に失われた機能の再獲得をめざすだけではなく、対象者の生活や仕事に必要な支援・環境の調整等も行います。そのことを踏まえ、目の前の対象者だけでなく、その家族や関係者、地域を巻き込んだ作業療法を展開し、多くの人の生活に良い影響が広がるような作業療法ができる作業療法士になりたいと考えています。

本学を選んだ理由は?

進路選択に悩んでいる時に関西福祉科学大学を卒業し、作業療法士として働く従兄弟に相談し、勧められたことがきっかけです。直接作業療法士の仕事の話を聞き、興味が湧いたこと、居住が遠隔地学生奨学金の対象地域であったことも進学先を決定する後押しとなりました。

作業療法学専攻の魅力は?

実際に装具を作製する授業や臨床に出向いて治療・援助に関する技術を学ぶ実習プログラムが充実しているところです。また、履修科目は4年間ほとんどが必修科目であり、クラス全員が同じ授業を受講するので、わからないところを教えあったりとアットホームな雰囲気で学ぶことができます。