page
top

高校生・中学生大阪の大学「学び」WEBフェア

大手前大学

大手前大学大阪大手前キャンパスでは、大阪の中心から健康と栄養で世界を支える「健康栄養学部」と「国際看護学部」の二つの学部を擁し、人々の生命と健康に寄与する看護師や管理栄養士を育成しています。また西宮市のさくら夙川キャンパスでは、国際日本学部、現代社会学部、建築&芸術学部の3学部19専攻の学びフィールドを用意しています。

大学外観

動画でもっと大学のことを知ろう!

大阪市中央区大手前2-1-88

アドミッションズオフィス

電話0798-36-2532

メールotemaead@otemae.ac.jp

在学生に聞きました
学生

椎木 くるみ3年生 / 兵庫県出身

総合文化学部 総合文化学科

本学の魅力は?

大手前大学の一番の魅力はリベラルアーツ教育が実施されている点と大手前大学独自のLEOクラスだと思います。1年次に専攻を決めずに2年生から専攻を決められる点や英語を英語で学ぶ授業は大手前ならではの授業だと思います。私も大学を入学する前はこの2つの点で入学を決めました。

将来の夢は?

将来の夢は、これといったものはまだ決まっていません。今は、自分が人としてどうありたいのか、その上で何がしたいのか、何に興味があるのかを追及している途中です。大学生活を通しても沢山学べることがあるので、大学内外で多くの人と関わっていき新しい自分を形成し、自分の将来を決めたいと思います。

大学での学びは?

大学での専門的な勉強も一つの学びではあります。高校とは違い学ぶ量も増え、自分で気になったことを調べていくことの大切さも大学での勉強を通して気づけました。しかし私が一番大きな学びだと思うものは、多くの人と出会い、多くの考えに触れることができたことです。自分より年上の人が同級生ということや、他学年と一緒に授業を受けることは大学ならではだと思います。また留学生の友達も大学に入学してからできました。LEOなどの英語の授業の課題でも日本人から見た考え方からだけでなくそれぞれのバックグラウンドからみた意見があり、学ぶことがたくさんあります。