page
top

大学生単位互換制度

Q&A 〜よくある質問〜

単位互換全般について

  1. Q1単位互換制度の利用条件は?

    A1「単位互換包括協定」を締結している大学に在籍する学生あるいは系列の併設短期大学・大学院の学生であれば単位互換科目を履修することができます。
    但し、在籍大学により履修条件がある場合がありますので、出願前に確認してください。

  2. Q2受講した科目はすべて卒業単位として認められるの?

    A2単位互換制度を利用して受講した科目がすべて在籍大学の卒業要件単位として認められるわけではありません。
    在籍大学における単位互換に関する基準(1年間または在学中に読み替えが認められる科目数、単位数、科目名など)を事前に確認したうえで出願してください。

  3. Q3受講料は必要なの?

    A3単位互換向けに開放される科目の受講は無料です。
    (科目によっては、実験・実習等に実費が必要な場合があります。)

  4. Q4単位互換科目の受講にあたって、通学にかかる交通費はどうなりますか?

    A4交通費は自己負担となります。

  5. Q5受講可否はいつごろ、どのように知ることができますか。

    A5受講可否は在籍大学を通じて連絡します。また、MYページでも確認できます。
    特に通年科目または前期科目は履修許可の連絡が入るまでに授業が開始される場合があるため、履修許可の連絡がなくてもその科目を受講してください。

  6. Q6講義開始日や時間はどこで確認するの?

    A6オンキャンパス科目の講義開始日や時間は科目開設大学によって様々です。詳しくはWebシラバスの年間日程表PDFで確認してください。
    なお、センター科目は独自のスケジュールで開講される場合がありますので、詳細をよく確認して受講してください。

  7. Q7出願したのですが、受講できなくなった場合は?

    A7在籍大学での講義等の都合で受講することが難しくなった場合は、必ず在籍大学の担当窓口へ申し出てください。出願に際しては、在籍大学の講義や大学、自宅からの移動時間を十分に考慮するようにしてください。
    ※無断で受講を取りやめることのないようにしてください

  8. Q8単位互換制度、開講科目について聞きたいのですが…

    A8単位互換制度全般に関する質問は、在籍大学の担当窓口へ直接問い合わせてください。
    履修許可後、科目内容等に関しては、科目開設大学へ問い合わせてください。

  9. Q9出願締切日を過ぎてしまったのですが、出願を受付してもらえないでしょうか。

    A9出願締切日を過ぎた出願票は受付できません。
    なお、後期科目で募集定員に余裕のある科目については、例年、9月に追加募集を行っていますので活用してください。

  10. Q10在籍大学の試験や授業と、センター科目の試験日が重なった場合はどうすれば良いですか。

    A10単位互換科目の試験が優先となりますので、在籍大学の試験については、単位互換担当窓口に相談して調整をしてもらってください。

WEB出願について

  1. Q1どうやって出願するの?

    A1出願はWebシラバスから行います。
    手順については出願方法をご確認ください。

  2. Q2パソコンから出願できる環境がありません。他に出願方法はありますか。

    A2パソコンからの出願を原則としていますが、何らかの理由でWeb出願ができない場合、出願票をダウンロードのうえ、必要事項を記入し在籍大学担当課へ提出することで、出願が可能です。
    こちらから出願票をダウンロードしてください。

  3. Q3Web出願した際、発行されたID・パスワードを紛失してしまいました。

    A3ID・パスワードは初回登録の際に、登録した連絡先のメールアドレス(パソコンのメールアドレス)へ自動送信されます。
    tanigokan@consortium-osaka.gr.jpからのメールが受信箱や迷惑メール箱に入っていないか確認してください。
    複数の科目へ出願する場合、ID・パスワードが必要となりますので、どうしても見つからないという場合は在籍大学担当窓口でID・パスワードの確認をしてください。

  4. Q4複数科目を出願したいのですが、2科目以降は新規出願がエラーになります。

    A4複数科目の出願登録は、初回登録時に発行されたID・パスワードを使用してログインする必要があります。
    ID・パスワードを紛失した場合は「『Web出願について』のQ3.ID、パスワードを紛失してしまいました。」を参照ください。