page
top

大学教職員高大連携・接続 勉強会

過去の実施内容

過去の実施内容一覧

テーマ 第1回「学力の3要素」を踏まえた評価方法の在り方を考える
実施日時 国語 平成29年2月18日(土) 13:30-16:00
地歴・公民 平成29年3月25日(土) 13:30-16:30
対 象 高校・大学教職員
定 員 各科目 20名
ファシリテーター 大阪教育大学 教職教育研究センター 教 授  恩知 忠司 氏
大阪教育大学 科学教育センター   准教授 仲矢 史雄 氏
目 的 試験の成績のみに偏らない、大学と生徒の希望をマッチングさせる手段としての評価について考えます。
内 容 「その問題で何を判断するのか?」大学が求める人物像(=大学が将来どういう人間を育てたいか)について、実際の大学入試問題から紐解き、「学力の3要素」をはかる評価方法の在り方について議論します。
資料(国語)
資料(地歴・公民)
ギャラリー
テーマ 第2回「学力の3要素」を評価する大学入試問題とは?作問実践を通して考える
実施日時 国語 平成29年6月3日(土)14:00-17:00
地歴・公民 平成29年6月17日(土) 14:00-17:00
対 象 高校・大学教職員
定 員 各科目 20名
ファシリテーター
アドバイザー
大阪教育大学 科学教育センター 准教授 仲矢 史雄 氏
大阪青山大学 健康科学部    学部長 大澤 茂男 氏
目 的 参加者自身が学力の3要素を評価する大学入試問題の作問に挑戦し、その実践を通して、高校での学習成果と大学への接続の在り方について考えます。
内 容 参加者が作成した入試問題を持参いただき、ファシリテーターのもと、各グループで入試問題(含む解答)を作成。その問題についての解説と評価の観点について発表の後、アドバイザーにその問題についての意見や助言をいただき、整理します。
資料(国語)
資料(地歴・公民)
ギャラリー