講座詳細

講座番号

2-1

講座名

遊んでみよう!昔のゲーム

開講大学(団体)名

大阪商業大学 アミューズメント産業研究所

実施日時

7月27日 水曜日 14:30〜17:00

募集人員(名)

30

最少催行人員(名)

4

カテゴリー

社会・道徳(法律・経営)

限定条件

申込者への確認事項

講座のねらい

昔の人々の遊びを体験することにより、物の無い時代に人々がどのような工夫をして遊び道具を作りだしたのか、また、現在の遊び道具と昔の遊び道具の違いを知り、創意工夫することの大切さ、何でも出来合いのものに頼ってはいけないことなどを学び取るとともに、今の遊びとどのように付き合っていくかを考えます。

講座の内容
プログラム

大阪商業大学のアミューズメント産業研究所は、遊びの研究をしている日本でただ一つの研究所です。今回のセミナーでは、受講生の皆さんに日本の古い遊びを紹介します。貴重な資料を使って実際に体験してみましょう。

【14:30~16:30】
①「貝覆い」-平安時代から行われた、二枚貝を並べて同じものを探す神経衰弱のようなゲームです。後の“いろはかるた”や“歌かるた”の元になりました。

②「なんこ」-平安時代に中国から伝来した数あてゲームで、現在でも九州南部で遊ばれています。相手の心理を読み合うゲームです。

③「投扇興」-江戸時代後期に始まった扇を投げて的に当てるゲームです。

④「家族合わせ」-明治時代に海外から入ってきたカードゲームです。人の持っているカードを予想し、一組の家族をそろえていきます。

【16:30~17:00】
講座終了後はアミューズメント産業研究所に移動し、展示室を見学します。展示室では世界各国のさまざまなゲームを展示しており、この時期には特別展も実施しています。

開講場所・最寄駅

開講場所:大阪商業大学U-メディアセンターGATEWEY4階レクチャールーム1・2

最寄駅:近鉄奈良線 河内小阪駅

持ち物

特に必要なものはありません

実費徴収

なし

保護者の見学

見学可
保護者の方も同伴受講可能です。

注意事項

1.室内ゲームですので、運動できるような服装でなくて結構です。
2.使用する道具は大切に扱ってください。
3.講座は午後4時半で終了し、その後研究所の展示室を見学します。
 見学後は自由解散になります。

修正記録

問い合わせ先

部署:学術研究事務室 担当者名:肝付 紗矢香 電話番号:06-6618-4068
※講座内容についての問い合わせ先です。
受講手続きや受講可否は中学校へお問い合わせください。

最終更新日

2016/04/22 10:28